PR

今日のお昼ご飯何にしよう?残りで簡単に作れるハンバーグサンドウィッチを紹介!

昼ご飯
記事内に広告が含まれています。

今回は、昨晩残ったハンバーグで簡単に作れるものをご紹介します。

今回ご紹介するのは以下になります。

・ハンバーグのサンドウィッチ

カロリーやアレンジ方法等、美味しく食べる工夫もご紹介するので是非参考にして下さいね。

ハンバーグのサンドウィッチ

コッペパンに前日の残りのハンバーグを挟んだハンバーグサンドウィッチ

コッペパンに前日の残りのハンバーグを挟んだハンバーグサンドウィッチは、簡単に作れて、とても美味しいので、忙しい朝やランチにぴったりのメニューです。

カロリー

コッペパン1個(60g)あたり230kcal、ハンバーグ1個(100g)あたり250kcalですので、コッペパンに前日の残りのハンバーグを挟んだハンバーグサンドウィッチ1個(160g)あたり430kcalになります。

使われている食材

コッペパン

前日の残りのハンバーグ

お好みでレタスやトマトなどの野菜

マヨネーズやケチャップなどの調味料などが使われます。

美味しく食べる工夫

  • ハンバーグは、温めてから挟むと、冷めて固くなった食感を改善できます。
  • レタスやトマトなどの野菜を挟むと、彩りが良くなり、栄養価もアップします。
  • マヨネーズやケチャップなどの調味料をかけるときは、薄くかけると、食べやすくなります。

調理の工夫

  • ハンバーグは、焼く前に冷蔵庫で冷やすと、形が崩れにくくなります。
  • ハンバーグを焼くときは、強火で両面を焼き、中まで火を通します。

味の感想

コッペパンのふわふわの食感と、ハンバーグのジューシーな肉汁がよく合います。レタスやトマトのシャキシャキとした食感もアクセントになっていて、飽きずに食べられます。

マヨネーズやケチャップなどの調味料で味付けをすると、さらに美味しくなります。

コッペパンに前日の残りのハンバーグを挟んだハンバーグサンドウィッチは、簡単に作れて、とても美味しいので、ぜひ一度作ってみてください。

アレンジ方法

また、以下のようなアレンジを加えると、さらに美味しく食べられます。

  • チーズを挟む

ハンバーグの上にスライスチーズをのせて、トースターで焼くと、とろけるチーズがハンバーグのジューシーさをさらに引き立てます。

  • ソースをかける

ハンバーグにデミグラスソースやトマトソースなどをかけて、洋風の味付けにするのもおすすめです。

  • カレー粉やスパイスを加える

ハンバーグのタネにカレー粉やスパイスを加えると、エスニックな風味のハンバーグサンドウィッチになります。

  • ハムやチーズなどの具材を入れる

レタスやトマトの代わりに、ハムやチーズなどの具材を入れるとお好みの味付けにカスタマイズできます。

その他、おすすめのつきあわせ

また、さっぱりとしたフルーツのリンゴもあわせて食べるとハンバーグのしつこさが軽減されますよ。。

まとめ

今回のブログでは、昨晩残ったハンバーグで簡単に作れる「ハンバーグサンドウィッチ」と「紫玉ねぎの酢漬けとゆで卵がのったサラダ」をご紹介しました。

「ハンバーグサンドウィッチ」は、コッペパンに前日の残りのハンバーグを挟むだけで簡単に作れるメニューです。

ハンバーグを温めてから挟むと、冷めて固くなった食感を改善できます。レタスやトマトなどの野菜を挟むと、彩りが良くなり、栄養価もアップします。

マヨネーズやケチャップなどの調味料をかけるときは、薄くかけると、食べやすくなります。

また、以下のアレンジもおすすめです。

  • チーズを挟む
  • ソースをかける
  • カレー粉やスパイスを加える
  • ハムやチーズなどの具材を入れる

「紫玉ねぎの酢漬けとゆで卵がのったサラダ」は、紫玉ねぎの酢漬けの酸味がゆで卵のまろやかな味わいを引き立てるサラダです。紫玉ねぎの酢漬けは、前日に作って冷蔵庫で保存しておくと便利です。

どちらのメニューも、忙しい朝やランチにぴったりの簡単で美味しいレシピです。ぜひ一度作ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました