PR

お昼ご飯何食べる?我が家のナポリタンと紫玉ねぎの酢漬けサラダをご紹介!

昼ご飯
記事内に広告が含まれています。

今日は我が家のお昼ご飯ご紹介します!

今回ご紹介するのは以下になります。

・ナポリタン
・紫玉ねぎの酢漬けとゆで卵がのったサラダ

カロリーやアレンジ方法等、美味しく食べる工夫もご紹介するので是非参考にして下さいね。

ナポリタン

昼にスパゲッティのピーマン入りで上に自家製のハーブをのせたナポリタンを食べました。

これから私が作ったナポリタンの詳しい情報をご紹介します。

カロリー

スパゲッティ100gあたりのエネルギーは約350kcalです。

ピーマン1個あたりのエネルギーは約25kcalなので、ピーマン入りのナポリタンのカロリーは約400kcal程度になります。

また、自家製のハーブをのせると、わずかながらカロリーが加算されます。

使われている食材

使われている食材は、以下のようなものが挙げられます。

  • スパゲッティ
  • ピーマン
  • ウインナーソーセージ
  • ケチャップ
  • ウスターソース
  • 砂糖
  • コショウ
  • バター(お好み)
  • オリーブオイル(お好み)

ピーマンは、ナポリタンの定番の具材です。ピーマンの苦味と甘みが、ソースの酸味や甘みとよく合います。ウインナーソーセージは、旨味とコクをプラスしてくれる具材です。

美味しく食べる工夫

美味しく食べる工夫としては、以下のようなものが挙げられます。

  • パスタは表示時間よりも1分ほど短めに茹でる。
  • パスタが茹であがったらすぐにソースと絡める。
  • ソースはしっかりと煮詰めてからパスタにかける。
  • 仕上げに、パルメザンチーズやブラックペッパーをかける。

パスタを表示時間よりも1分ほど短めに茹でることで、パスタの食感がよくなり、ソースが絡みやすくなります。

また、ソースはしっかりと煮詰めてからパスタにかけることで、味がよく馴染みます。さらに、仕上げにパルメザンチーズやブラックペッパーをかけることによって、風味やコクがアップします。

調理の工夫

調理の工夫としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ソースに、にんにくや玉ねぎを加えて炒める。
  • ソースに、トマトケチャップ、ウスターソース、砂糖、塩、コショウを加えて味を調える。
  • ソースに、お好みでバターやオリーブオイルを加える。

にんにくや玉ねぎを加えて炒めることによって、風味とコクがアップします。

また、トマトケチャップ、ウスターソース、砂糖、塩、コショウを加えて味を調えることで、ナポリタンらしい味わいになります。

さらに、お好みでバターやオリーブオイルを加えると、コクや風味がさらにアップします。

味の感想

食べた感想としては、ピーマンの苦味と甘みが、ソースの酸味や甘みとよく合って、とても美味しかったです。また、自家製のハーブをのせることで、爽やかな風味が加わり、さらに美味しくなりました。

具体的には、ピーマンの苦味は、ケチャップの酸味を中和し、甘みを引き立ててくれました。また、ピーマンの甘みは、ケチャップの甘みと相まって、より濃厚な味わいになりました。

自家製のハーブは、爽やかな風味がナポリタンの味を引き立て、さらに美味しく感じさせてくれました。

全体的に、とても満足のいくナポリタンでした。

また、サラダも加えると野菜も多くとれ栄養もUPしますよ。

ここからは、サラダの詳細をご紹介します。

紫玉ねぎの酢漬けとゆで卵ののったサラダ

紫玉ねぎ酢漬けとゆで卵ののったサラダ

カロリー

紫玉ねぎ100gあたりのエネルギーは約25kcalです。

ゆで卵1個あたりのエネルギーは約78kcalなので、紫玉ねぎ酢漬けとゆで卵ののったサラダのカロリーは、紫玉ねぎの量やゆで卵のサイズによって異なりますが、約100kcal程度になります。

使われている食材

使われている食材は、以下のようなものが挙げられます。

  • 紫玉ねぎ
  • ゆで卵
  • 砂糖
  • ドレッシング(お好み)
  • スパイス(お好み)

紫玉ねぎは、シャキシャキとした食感と、甘みと辛みのバランスがよい食材です。

ゆで卵は、たんぱく質やビタミンが豊富な食材です。酢や砂糖は、紫玉ねぎの辛みを和らげ、甘酸っぱさをプラスします。ドレッシングやスパイスは、サラダの味わいをさらに楽しむために使用します。

美味しく食べる工夫

美味しく食べる工夫としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 紫玉ねぎは、薄切りにして水にさらすことで、辛みを和らげます。
  • ゆで卵は、固ゆでにすることで、食感がよくなり、サラダによく合います。
  • サラダに、お好みでドレッシングやスパイスをかける。

紫玉ねぎは、辛味が強いので、薄切りにして水にさらすことで、辛みを和らげることができます。

ゆで卵は、固ゆでにすることで、食感がよくなり、サラダによく合います。また、サラダに、お好みでドレッシングやスパイスをかけることで、味わいをさらに楽しむことができます。

調理の工夫

調理の工夫としては、以下のようなものが挙げられます。

・紫玉ねぎは、酢と砂糖を加えて漬け込むことで、甘酸っぱさが引き立ちます。

我が家の玉ねぎ酢です。瓶に入れて冷蔵庫に保存しています。

・ゆで卵は、茹で上がったらすぐに冷やすことことで、黄身が固まり、食感がよくなくなります。

卵スタンドにいれて冷やすとコロコロと動かず便利ですよ。

味の感想

食べた感想としては、紫玉ねぎのシャキシャキとした食感と、ゆで卵のまろやかな食感がよく合いました。また、紫玉ねぎの甘酸っぱさとゆで卵の旨味が、相まって、とても美味しかったです。

具体的には、紫玉ねぎのシャキシャキとした食感は、サラダにアクセントを与えてくれました。また、ゆで卵のまろやかな食感は、サラダの味わいをまろやかにしてくれました。

紫玉ねぎの甘酸っぱさは、ゆで卵の旨味を引き立ててくれました。また、ゆで卵の旨味は、紫玉ねぎの甘酸っぱさをマイルドにしてくれました。

全体的に、とても満足のいくサラダでした。

食べた感想

紫玉ねぎ酢漬けとゆで卵ののったサラダは、とてもシンプルなサラダですが、素材の味わいがよく引き立ち、とても美味しくいただけます。

紫玉ねぎは、辛味が強いので、薄切りにして水にさらすことで、辛みを和らげるのがおすすめです。また、ゆで卵は、固ゆでにすることで、食感がよくなり、サラダによく合います。

さらに、お好みでドレッシングやスパイスをかけることによって、味わいをさらに楽しむことができます。

紫玉ねぎ酢漬けとゆで卵ののったサラダは、ぜひ一度試してみていただきたいサラダです。

まとめ

ナポリタン

ナポリタンは、スパゲッティ、ピーマン、ウインナーソーセージ、ケチャップ、ウスターソース、砂糖、塩、コショウ、バター、オリーブオイルで作る。カロリーは約400kcalです。

パスタを表示時間よりも1分ほど短めに茹で、ソースをしっかりと煮詰めてからかけると、より美味しく食べられます。

ピーマンの苦味と甘みが、ソースの酸味や甘みとよく合った。自家製のハーブをのせることで、爽やかな風味が加わり、さらに美味しくなりました。

紫玉ねぎ酢漬けとゆで卵ののったサラダ

紫玉ねぎ酢漬けとゆで卵ののったサラダは、紫玉ねぎ、ゆで卵、酢、砂糖で作る。カロリーは約100kcalです。

紫玉ねぎは薄切りにして水にさらし、ゆで卵は固ゆでにする。サラダに、お好みでドレッシングやスパイスをかけます。

紫玉ねぎのシャキシャキとした食感と、ゆで卵のまろやかな食感がよく合った。紫玉ねぎの甘酸っぱさとゆで卵の旨味が、相まって、とても美味しかったです。

昼食づくりに迷ったら是非参考にして下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました