PR

昼ごはんが思いつかないときに。我が家の定番メニューをご紹介!

昼ご飯
記事内に広告が含まれています。

今日はお昼ご飯が思いつかないときに、我が家の定番メニューをご紹介します。

今回ご紹介するのは以下になります。

・鮭と目玉焼き定食

カロリーやその他工夫すると良い点をご紹介するので、是非参考にして下さい。

鮭と目玉焼き定食

ここからは、鮭と目玉焼き定食の各、料理についてご紹介します。

かぶの葉のごはん

かぶの葉のごはんは、かぶの葉をたっぷり使った、栄養満点のご飯です。かぶの葉は、ビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維も多く含まれています。そのため、かぶの葉のごはんを食べることで、健康を維持するのに役立ちます。

カロリー

かぶの葉のごはんのカロリーは、ご飯の量やかぶの葉の量によって異なりますが、一般的には1食あたり300kcal前後です。

使われている食材

かぶの葉のごはんに使用される主な食材は、以下のとおりです。

  • ご飯
  • かぶの葉
  • だし汁
  • 醤油

美味しく食べる工夫

かぶの葉のごはんを美味しく食べるには、以下の工夫があります。

  • かぶの葉をしっかり下茹でする

かぶの葉は、アクが強いため、しっかり下茹ですることで、アクを抜き、美味しく仕上がります。下茹でするときは、塩を加えて茹でると、より美味しくなります。

  • かぶの葉を細かく刻む

かぶの葉は、大きすぎると食べにくくなってしまいます。そのため、細かく刻んでからご飯に混ぜ合わせると、食べやすくなります。

  • だし汁をたっぷり使う

だし汁をたっぷり使うことで、かぶの葉の風味や旨味がご飯に染み込み、美味しくなります。だし汁は、昆布や鰹節、しいたけなどを使用した、風味豊かなだし汁を使うと、より美味しくなります。

  • 塩や醤油の量を調整する

かぶの葉のごはんは、だし汁の旨味がベースになっているため、塩や醤油の量は控えめにするのがおすすめです。塩や醤油の量を調整して、自分の好みの味に仕上げましょう。

調理の工夫

かぶの葉のごはんの調理方法は、以下のとおりです。

  1. かぶの葉を洗って、食べやすい大きさに刻む。
  2. 鍋にだし汁と塩を入れて火にかけ、沸騰したらかぶの葉を加えて茹でる。
  3. かぶの葉が柔らかくなったら、火を止めて粗熱をとる。
  4. ご飯に茹でたかぶの葉を混ぜ合わせ、塩や醤油で味を調える。

味の感想

かぶの葉のごはんは、かぶの葉の風味と旨味がご飯によく染み込んでいて、とても美味しかったです。かぶの葉のシャキシャキとした食感もアクセントになっていて、飽きずに食べられます。

また、かぶの葉は、ビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維も多く含まれているため、健康を維持するのに役立ちます。そのため、かぶの葉のごはんを日常的に食べることで、健康を維持するのに役立ちそうです。

アレンジ方法

かぶの葉のごはんは、以下のアレンジもおすすめです。

  • かぶの葉の代わりに、他の葉野菜を使う

かぶの葉の代わりに、ほうれん草や小松菜、春菊などの葉野菜を使うと、また違った味わいを楽しむことができます。

  • ご飯に具材を加える

ご飯に、鶏肉や豚肉、きのこなどの具材を加えると、さらにボリュームアップして、栄養価もアップします。

  • だし汁に具材を加える

だし汁に、昆布や鰹節、しいたけなどの具材を加えると、さらに風味豊かなだし汁になります。

ぜひ、お好みのアレンジで、自分だけのかぶの葉のごはんを作ってみてください。

かぶの葉のごはんは、シンプルな材料で作れるため、簡単に作ることができます。また、かぶの葉は、一年中手に入る食材のため、季節を問わず食べることができます。

かぶの葉のごはんは、忙しい朝やランチにぴったりのメニューです。ぜひ、一度作ってみてください。

ほうれん草とわかめと厚揚げときのこの味噌汁

ほうれん草とわかめと厚揚げときのこの味噌汁

カロリー

ほうれん草とわかめと厚揚げときのこの味噌汁のカロリーは、具材の量によって異なりますが、一般的には1杯あたり200kcal前後です。

使われている食材

ほうれん草とわかめと厚揚げときのこの味噌汁に使用される主な食材は、以下のとおりです。

  • 味噌
  • だし汁
  • ほうれん草
  • わかめ
  • 厚揚げ
  • きのこ

美味しく食べる工夫

ほうれん草とわかめと厚揚げときのこの味噌汁を美味しく食べるには、以下の工夫があります。

  • ほうれん草をしっかり茹でる

ほうれん草は、アクが強いため、しっかり茹でることで、アクを抜き、美味しく仕上がります。茹でるときは、塩を加えて茹でると、より美味しくなります。

  • わかめをしっかり戻す

わかめは、水でしっかりと戻すことで、旨味や栄養素が溶け出しやすくなります。わかめがしんなりしてきたら、水気を切ってから味噌汁に入れましょう。

  • 厚揚げをこんがり焼く

厚揚げをこんがり焼くことで、香ばしさと旨味が増します。厚揚げを焼くときは、フライパンに油をひいて、弱火でじっくりと焼きましょう。

  • きのこをたっぷり入れる

きのこは、さまざまな種類があり、それぞれに異なる風味や食感があります。ほうれん草とわかめと厚揚げときのこの味噌汁には、さまざまな種類のきのこをたっぷり入れることで、味わいや食感に変化をつけることができます。

調理の工夫

ほうれん草とわかめと厚揚げときのこの味噌汁の調理方法は、以下のとおりです。

  1. 鍋にだし汁と塩を入れて火にかけ、沸騰したらほうれん草を加えて茹でる。
  2. ほうれん草が柔らかくなったら、火を止めて粗熱をとる。
  3. 鍋に味噌を溶き入れ、再び火にかけて温める。
  4. ほうれん草、わかめ、厚揚げ、きのこを加えて、ひと煮立ちさせる。

味の感想

ほうれん草とわかめと厚揚げときのこの味噌汁は、ほうれん草の甘み、わかめの旨味、厚揚げの香ばしさ、きのこの風味が絶妙にマッチした、とても美味しい味噌汁でした。

ほうれん草のシャキシャキとした食感もアクセントになっていて、飽きずに食べられます。

また、ほうれん草やわかめ、きのこなどの具材には、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

アレンジ方法

ほうれん草とわかめと厚揚げときのこの味噌汁は、以下のアレンジもおすすめです。

  • ほうれん草の代わりに、他の葉野菜を使う

ほうれん草の代わりに、小松菜や春菊、水菜などの葉野菜を使うと、また違った味わいを楽しむことができます。

  • きのこの種類を増やす

きのこの種類を増やすことで、さらに風味豊かな味噌汁になります。

  • だし汁を工夫する

だし汁を昆布や鰹節、しいたけなどの風味豊かなだし汁にすることで、さらに美味しくなります。

ぜひ、お好みのアレンジで、自分だけのほうれん草とわかめと厚揚げときのこの味噌汁を作ってみてください

めだまやき

目玉焼きは、卵をフライパンで焼いた料理です。日本では、朝食や昼食、夕食など、さまざまなシーンで食べられています。

カロリー

目玉焼きのカロリーは、卵の大きさや焼き加減によって異なりますが、一般的には1個あたり100kcal前後です。

使われている食材

目玉焼きに使用される主な食材は、以下のとおりです。

  • 油(またはバター)

美味しく食べる工夫

目玉焼きを美味しく食べるには、以下の工夫があります。

  • 卵を常温に戻す

卵を常温に戻すことで、卵白が均一に固まり、ふっくらと美味しく仕上がります。

  • 油を熱しすぎると、卵白が破れやすくなります。
  • 卵をフライパンに落とした後は、あまり動かさないようにしましょう。
  • 好みの焼き加減に合わせて、火加減を調節しましょう。

調理の工夫

目玉焼きの調理方法は、以下のとおりです。

  1. フライパンに油(またはバター)を熱し、卵を落とす。
  2. 卵白が固まり始めたら、お好みの焼き加減に合わせて火加減を調節する。
  3. 完成。

味の感想

目玉焼きは、卵のまろやかな甘みと、黄身の濃厚な旨味が楽しめる、シンプルながらも奥深い味わいの料理です。

私は、目玉焼きは、黄身が半熟でトロッとしている状態が一番好きです。黄身の濃厚な旨味が、卵白のまろやかな甘みと絶妙にマッチして、とても美味しいです。

また、目玉焼きは、さまざまなアレンジを楽しむことができます。例えば、

  • 塩やこしょうで味付けする
  • ケチャップやマヨネーズで味付けする
  • チーズをのせる
  • ベーコンやハムをのせる
  • 野菜をのせる

など、お好みのアレンジで、自分だけのオリジナルの目玉焼きを作ってみてはいかがでしょうか。

目玉焼きは、調理が簡単で、手軽に作ることができる料理です。また、さまざまなアレンジを楽しむことができるため、飽きずに食べることができます。

焼き鮭

焼き鮭は、鮭を塩や醤油などで味付けして、焼いた料理です。日本では、家庭料理の定番として親しまれています。

カロリー

焼き鮭のカロリーは、鮭の種類や大きさ、調理方法によって異なりますが、一般的には100gあたり200kcal前後です。

使われている食材

焼き鮭に使用される主な食材は、以下のとおりです。

  • 醤油

美味しく食べる工夫

焼き鮭を美味しく食べるには、以下の工夫があります。

  • 鮮度にこだわる

焼き鮭は、鮮度が落ちると、脂が落ちてパサパサとした食感になります。そのため、鮮度にこだわって選ぶことが大切です。

  • 脂ののった部分を食べる

焼き鮭は、脂ののった部分が美味しいです。そのため、脂ののった部分をしっかり食べるようにしましょう。

  • 火を通しすぎない

焼き鮭は、火を通しすぎると、身が硬くなってしまいます。そのため、火を通しすぎないようにしましょう。

調理の工夫

焼き鮭の調理方法は、以下のとおりです。

  • 塩焼き

塩焼きは、シンプルながらも、鮭の旨味がしっかりと味わえる定番の焼き方です。

  • 醤油焼き

醤油焼きは、塩焼きに醤油を加えて、コクと風味をアップさせた焼き方です。

  • 照り焼き

照り焼きは、醤油や砂糖、みりんなどで味付けして、照り焼きソースを絡めた焼き方です。

  • ムニエル

ムニエルは、バターや小麦粉、牛乳などで味付けして、オーブンで焼いた焼き方です。

味の感想

焼き鮭は、鮭の脂の旨味と、焼き上がった香ばしさが楽しめる、とても美味しい料理です。

私は、焼き鮭は、塩焼きが一番好きです。塩焼きは、鮭の旨味がしっかりと味わえて、シンプルながらも飽きずに食べられます。また、焼き上がった香ばしさも、とても食欲をそそります。

また、焼き鮭は、さまざまなアレンジを楽しむことができます。例えば、

  • 焼き鮭をほぐして、ご飯にのせて鮭ご飯にする
  • 焼き鮭をほぐして、サラダにのせる
  • 焼き鮭をほぐして、パスタやチャーハンに使う

など、お好みのアレンジで、自分だけのオリジナルの焼き鮭料理を作ってみて下さいね。

後は納豆も食べましたよ。

まとめ

お昼ごはんに迷ったらぜひ試していただきたい「鮭と目玉焼き定食」は、栄養バランスも良く、調理もシンプルで簡単です。

かぶの葉を使ったご飯はビタミンやミネラルが豊富で、食物繊維も多いです。

また、ほうれん草とわかめ、厚揚げときのこの味噌汁は、野菜の甘みと旨味が溶け合い、体に優しい一品。目玉焼きや焼き鮭は、手軽にアレンジを加えられるため、毎日の食卓に飽きずに取り入れることができます。

家族も喜ぶ定番メニューを、ぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました