Dentalism 24号
25/36

内臓下垂など、全身に様々な影響を及ぼします。特に成長期の子供は気を付けてあげないと。 今、医療は病人を診ていますが、歯科は予防であれば全て診ることができます。僕は寝たきり産業を無くしたい。健康な人を育てて、(寝たきりを)起こしていく「健康産業」になれば、スウェーデンのように寝たきり老人はいなくなりますよ。伝多朗 川邉先生のところは、キャリアの長い衛生士さんも多く、皆さん燃えていますよね。川邉 うちの原理原則は「仕事が増えると給料が増える。仕事が減ると給料が減る」ですからね。誰も何も言わなくても、皆が勝手に動いて仕事しています。うちの衛生士は僕より偉いんですよ(笑)伝多朗 先生は「マルケンブラシ」や、姿勢改善ストレッチ装置「マルケンBANBAN」など、様々なものの発明家でもあり、手相デザイナーとして著書を多数出されるなど意外な一面もお持ちです。今後も目が離せませんよ。 常に新しいことを考え、日々更新されていく川邉先生は、その場を離れるまで終始とびきりの笑顔で場を和ませてくださいました。23川邉研次(かわべ・けんじ)1953年愛知県出身。1981年愛知学院大学歯学部卒業。愛知・静岡の歯科医院勤務を経て1984年静岡県菊川町(現菊川市)に『かわべ歯科』を開業。2007年保険医を返上、自由診療専門の歯科医院とする。2011年開業の『未来歯科』でも定期的に診療。2015年4月より院長となる。高周波治療研究会、床矯正研究会姿勢咬合研究会所属。姿勢咬合研究会 (主宰者として平成4年から「姿勢咬合医育成セミナー」開催。笑顔創造空間主宰。 姿勢咬合のセミナーは25年、ホワイトニングの方も20年近くやってきていますが、今、コンテンツが970あって、セミナーの対象も歯科医師や歯科衛生士、医師や看護師はもちろん、鍼灸師や柔道整復師、保育士やスポーツインストラクターなど、非常に幅広くなっています。一般向けのセミナーもやっていますが、手狭になってきたので、今年、新たに6階にセミナールームを借りました。伝多朗 先生は子どもたちの成長に大きな危機感を持っておられて、妊婦を対象としたセミナーも開催されていますね。川邉 核家族化が急速に進んでいて、子どもの抱き方や寝かせ方、泣かせ方をはじめ、離乳食の間違いや、口呼吸の問題など、何も教えられていないお母さんがすごく多いんです。皮膚反射や姿勢反射、飲み込みや笑顔のトレーニングで子供たちは驚くほど変わる。赤ん坊などは、その日のうちに結果が出るので面白いですよ。伝多朗 日本人の姿勢を歪めている元凶は、体育座りではないかと以前から指摘されていますね。川邉 姿勢は、歯の生え方や咬合だけではなく、骨盤や子宮の異常、旬の食材が炊き込まれる土鍋ご飯は最高に美味。食べきれない分は、おにぎりにして持ち帰る人がほとんどなのだとか。料理はおまかせコース(7000円)のみ。貸切の場合は特別料理にも対応(要予約)。〆の土鍋ご飯を最高の状態で味わうためにも事前の予約がおすすめ。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 25

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です