Dentalism 24号
24/36

未来歯科 院長 川邉研次×聞き手 伝多朗(デンタロー)   ││││││││││││││││││││││││││││ 撮影/中嶋繁樹 構成/丹羽麻理歯談・食談 子供たちの未来を育てる歯科 東京 新橋 『をん』 にて22 菊川市の『かわべ歯科』から新橋の『未来歯科』へ拠点を移して早一年。今回は保険医を返上して10年目を迎え、その活躍に一段と注目が集まっている川邉研次先生をゲストにお招きしました。伝多朗 『をん』は祇園に縁のあるお店だそうですね。こちらはよく来られるのですか。川邉 コピーライターの野崎美夫先生に連れて来ていただいて実は今回が2度目です。とても凝った仕事をされていて、すっかり惚れ込んでしまいました。伝多朗 『未来歯科』はMRC子供矯正システムとホワイトニングで知られていますが、それよりもターヴィンの音がしない診療室として有名です。今日もここに来る前に立ち寄りましたが、子供達が笑顔で大はしゃぎでしたね。川邉 うちは笑顔創造空間ですからね(笑) 昭和60年頃から歯を削る治療はしていないです。むし歯は止めるだけで、麻酔も使っていません。目線を上に上げて手を開いて胸郭を開けば痛みが千分の一になるんですよ。伝多朗 先生の診療や理論に初めて出会う人は驚かれますよね。でもすぐに結果が出るので説得力がある。姿勢咬合をはじめ、様々なセミナーの受講者はみんな先生のファンになっています。川邉 僕らはきっかけを作り、身体の動かし方、トレーニングの仕方を教えているだけ。患者さんはそれで変わり、勝手に治るんです。をん東京都港区新橋3-11-5新橋DXビル1F03-3432-8338営/18:00~23:00席/カウンター8席休/日曜(祝日は営業)「歯科」と「食」の未来をみつめて、街から村へ走り続ける味覚人、伝多朗が繰り広げる酒飲み宝談。店主・伊東弘喜さん京都の祇園で15年、東京で9年の修業の後、『をん』を構える。純米酒「神亀」の酒粕に付け込んだカラスミが絶品。神亀酒造といえば、嘉永元年(1848年)創業の名醸造蔵。漫画『美味しんぼ』にも登場している。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 24

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です