Dentalism 22号
3/36

1調整装置がないので軽量でクリア。『クリアビュールーペ』の高い評判。Dentalism Catch Upただ今、ちまたで話題です。 手頃な歯科用ルーペの普及が拡大している。昨今では歯学部の実習でも歯科用ルーペの装着が行われるなど、もはや歯科治療の必須アイテムであるという認識が一般的になってきていることに加え、買い求めやすい価格のルーペが登場してきていることも追い風となっているようだ。 例えば、瞳孔間距離が6タイプから選べる『クリアビュールーペ』は、TTLタイプ(2.5倍)のモデルで税込2万3800円という価格を実現。実際に利用しているユーザーの評判も上々だ。「操作が簡単」、「調整装置がないので軽くてずれにくい」、「根管内もクリアに見える」、「レンズと目との距離が近く視界が広い」という歯科医師や歯科衛生士の声をはじめ、中には「大学病院内で、安くてよく見えるという評判を聞いて」という歯学部の先生方や、整形外科の先生など、幅広い層から支持を集めている。 Ciメディカル東京駅八重洲口ショールームでは、全サイズ試適可能で「カタログなどでは他のルーペとの違いがわかりにくいけれど、試してみれば一目瞭然」という意見も多数寄せられている。ほかにも「今まで20万円以上のルーペを使っていたが、価格の差が何だったのかさっぱりわからない。正直なところこれで十分だ」という声もある。 ルーペの使用が信頼できる歯科医院を見極める材料の一つになっているという声もある。完全オーダーメイドでは敷居が高いという人は、セミオーダータイプを入門モデルとして、より見える世界への扉を開けてみてはいかがだろう。クリアビュールーペTTLタイプ(2.5倍)23,800円(税込)色/ブラック、ピンク瞳孔間距離/52㎜~2㎜刻みで6タイプ目からの距離/40㎜視野径/120㎜→Ciメディカル 11月DMでセール中

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です