Dentalism No.19
7/36

5光庭のスリットで自然光を取り込み、開放感を生み出した完全個室型医院。歯科医院建築探訪キューブ状の診察室が並ぶ斬新なデザインが目をひく『山手歯科クリニック』(兵庫県姫路市)。多くの歯科医院を手掛けている『アトリエKUU』が建築デザインを担当した。建築デザインのコンセプトは「一つの診療室に一つの庭」。建物自体にスリットを入れ、光庭を設置。やわらかい自然光が入りこむよう考慮した。夜には、診療室から漏れた光が緑を照らし、建物周辺へと優しく漏れる。診療室を増やすため二度の増築を実施。旅館の離れを意識して、廊下の先に光庭を設けたり、天井をガラス張りにしたりと、患者が少しでも楽しめるようにとの工夫がなされている。光と緑を感じながらリラックスできる心地良い空間づくり。患者の立場に立った設計で人気を集めている。1-2.全ての診療室と光庭とを一対となるように個室化。やわらかな自然光が患者の緊張をほぐす。夕刻になると個室内から漏れる光が庭を照らし、また違った趣になる。3-5.道行く人に「どことなく歯に似ている」と言われるキューブ状の外観。三叉路に建つという特殊な敷地条件により、それぞれの方向の外観に異なる顔を持たせている。1.2.アトリエKUU代表/熊沢信生大阪府大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル904 ☎06-4390-4552http://www.a-kuu.com[建築デザイン]兵庫県姫路市辻井4-10-36医療法人社団 八星会 理事長/影山勝英yamatesika.com山手歯科クリニック[歯科医院]3.4.5.建築的に個性あふれる歯科医院を「デンタリズム」にご紹介ください。情報をお待ちしております。 info_toiawase@dentalism.jp

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です