Dentalism No.19
21/36

DentalismNews &Topics19出産回数が多い女性ほど残存歯数が少ない!?さらなる妊婦への歯科健診の啓蒙を。出産回数が多い女性は将来、残存永久歯数が少なくなりやすいことが、東京医科歯科大の植野正之准教授と国立がん研究センターの共同研究でわかった。1990年に秋田県の40〜59歳の男女1211人(男性562人、女性649人)を対象に、健康状態、生活習慣をヒアリングし、15年後の2005年に歯科健診を実施。第三臼歯を除く28本の永久歯のうち何本残っているかなど、歯の健康状態について調査した。また、出産回数を0回、1回、2回、3回、4回以上の5つのグループに分け、残存歯数を調べたところ、出産回数が4回以上の女性は、0回または1回の女性に比べ約3本少ない結果となった。また、奥歯のうち上下で噛み合っている永久歯のペア数についても、出産回数が多いほど少ないという結果に。この傾向は女性のみに見られ、男性については子どもの数と残存歯数との関連性は見られなかった。植野准教授はこの原因について、「妊娠や出産のプロセスに伴い、ホルモンや口の中の細菌のバランスが変化し、免疫力が低下することで、う蝕になりやすかったり、歯周組織の破壊が起こりやすくなったりする。妊娠ごとにそれが繰り返されることで歯の喪失に至るリスクが高まると考えられる」としている。また、「妊婦の半数以上が歯科治療を避ける傾向があり、妊娠中に歯が悪くなることは仕方がないと考えている傾向がある」とのこと。妊娠や出産による歯の健康の悪化を防ぐためには、妊婦に対し、歯の疾患の予防を積極的に啓蒙する必要があるのではないだろうか。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科健康推進歯学分野植野正之准教授年齢、教育歴、甘い飲み物・甘い菓子の摂取、かかりつけ歯科医の有無、喫煙、歯の衛生状態を調整■ 女性の出産回数と永久歯数(平均)永久歯数(平均)出産回数P for trend:0.0460101520255018.57119.14218.25316.374≧15.60歯の喪失や歯並びの崩壊につながる無意識の咬みしめは日中にもストレスで。ストレスや習慣によって起きる咬みしめは、過度になると歯や身体に悪影響を及ぼすことがある。これまで、睡眠中に歯ぎしりをしている人は歯のすり減りが早いと言われてきたが、睡眠中よりも日中の無意識の咬みしめの方が歯の喪失に深く関与していることがわかった。岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(歯)咬合・有床義歯補綴学分野の川上滋央助教、皆木省吾教授らの研究グループは、高精度の筋電計を用いて、昼夜を通じて咬筋(咬みしめる筋肉)の働きを解析。その結果、睡眠中よりも日中の無意識の咬みしめが多く認められた。その中でも、1〜2㎐の周期的収縮(中程度の力で「グッグッグッ」と周期的に力を入れているもの)が、歯の喪失や歯並びの崩壊に深く関連づけられたという。歯を失う原因はう蝕や歯周病がほとんど。そのため、歯科医院ではその治療に重点がおかれている。しかし、それらの治療を行っていても、歯を失い、入れ歯になっても痛みが続く場合がある。川上助教によると、このような歯の喪失に、日中の無意識の咬みしめが関与しているとのこと。日中の咬みしめと歯の喪失が関連づけられたことは、これからの予防歯科学に影響を与えるとともに、義歯の作り方、顎関節症の治療に役立つのではないだろうか。歯の喪失が進行し、さらに義歯の不具合を生じているすれ違い咬合群では、年齢適合対照群や若年対照群と比較すると1時間あたりの咬みしめ発生回数が多いことがわかる岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(歯)咬合・有床義歯補綴学分野川上滋央助教(左)、皆木省吾教授(右)■ 個々の咬みしめの持続時間若年対照群  YC1  YC2  YC3  YC4  YC5  YC6121086420120180600持続時間(分)年齢適合対照群  MC1  MC2  MC3  MC4  MC5  MC6121086420120180600歯列崩壊群121086420120180600  PBC1  PBC2  PBC3  PBC4  PBC5  PBC6日中の咬みしめ回数(回/時間)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です