Dentalism No.19
11/36

9長野県で開業している谷口威夫先生は「患者本位の歯科医療」を貫き45年。多くの臨床家から尊敬を集める歯科医師の一人である。旺盛な探究心で幅広く学んできたのは、ひとえに、どんな患者も助けたいという熱い想いがあったからこそ。そんな総合歯科医師の真髄に触れるため、昨年、増床改築したばかりの谷口歯科医院を訪問させていただいた。――谷口威夫先生を語る上で欠かせないのが、『トータルから口をみる』(松風)ではないでしょうか。「患者さんが自ら治す歯科医療をめざして」というショルダータイトルも普遍的なテーマですね。谷口 あの本は、元々「松風歯科クラブ」の会員配布用として発行されたものでしたが、あまりに多くの反響をいただいたので、出版しようという話になったのです。でも当時の松風には「出版」が定款になかったので、法務局に定款変更届を出してまで市販していただくことになったものでした。――その中にも記載のあった「主訴の解決は1日で」という言葉に、揺るぎのない患者目線を感じます。谷口 患者さんは困っているから、Star Dentist InterviewTAKEOTANIGUCHI「医療ってのは、人間関係そのもの。 信頼関係が一番大切だよね」取材・文/丹羽麻理 撮影/福島健一谷口 威夫医療法人 谷口歯科医院 院長終始ニコニコして語ってくださるその様子は、温もりと優しさに溢れた診療風景を彷彿とさせるものでした。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です