Dentalism No.17
7/32

5Prole あんじょう・あさこ/1962年栃木県出身。1982年栃木県立衛生福祉大学校 歯科技術学部歯科衛生士学科卒業。1986年スタディグループ「D.H.パトスの会」設立(現在は顧問)。1989年より藤橋歯科医院勤務。2007年株式会社ジョルノ設立。藤橋歯科医院栃木県宇都宮市中央1-5-7☎028-637-0903歯科業界で働く素敵な女性を「デンタリズム」にご紹介ください。情報お待ちしております。 info_toiawase@dentalism.jpよき理解者であり公私にわたるパートナー、夫で歯科医師の藤橋弘さんの存在は安生朝子さんの大きな支え。忙しい合間をぬって一緒に旅行や食事を楽しむことも忘れない。「でもね焼き肉屋さんで骨付きカルビを食べながら歯槽骨とかGTRの話をしちゃうのよ(笑)」などの逸話も。前を向いて、道を拓き続ける、日本屈指のカリスマ歯科衛生士。この業界で、その名を知らぬ人はいないのではないだろうか。日本のスーパー・ハイジニスト安生朝子さんは、「歯科衛生士になるために生まれてきた人」である。父親の生き方、働く姿に影響を受け、自らも手に職をつけようと高い志を持ってこの道を選んだ彼女は、困難や逆境に直面してもすべてを血肉に変えて、自らの経験を他の誰かのために役立てられるよう、常に考え行動してきた。歯科衛生士の認知度が今ほど高くはなかった時代に、いち早く歯科衛生士のためのスタディグループを発足。講演会やセミナー、プライベートレッスンなどを通して、知識の分配を惜しみなく行い絶大な信頼と支持を得てきた。「子供には恵まれませんでしたが、結婚、同居、介護、看護、親を看取るという経験をしてきた中で、まだまだ後輩の歯科衛生士たちに伝えておかなければならない話がいろいろあると感じています」トップランナーとしての宿命だろうか。人生のあらゆる面から得られる気づきは、歯科衛生士としての仕事に活かされるよう自動変換されるのだ。「朝目覚めて、今日も仕事ができると思えることが嬉しい」と語る彼女は、心底、この仕事が好きなのだ。常に進化を遂げている彼女の言葉は、歯科業界に留まることなく、できるだけ多くの人の元へ届いて欲しい。輝きの秘訣藤橋歯科医院 歯科衛生士 株式会社ジョルノ代表安生朝子Asako Anjo輝く女性に逢いに行く

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です