Dentalism No.16
5/32

3Prole すずき・えり/米国メリーランド州ボルティモア出身。生後3カ月で日本へ移り三浦半島で育つ。神奈川歯科大学卒業、歯科医師免許取得の後、東京都立豊島病院歯科口腔外科にて臨床研修を修了。その後横須賀海軍基地でエクスターンを経験。アメリカ歯科医師国家試験合格後、渡米。2年間の大学院修了後、バージニア州、フロリダ州の開業免許取得。 大学院卒業後は、同大学でフルタイムの臨床教員として歯学部生、大学院生の臨床教育に携わる。 LDA理事、ADA会員、ADEA会員ほかウォンブルゲート・アメリカン・デンティストリー神奈川県横須賀市小川町13 宇野ビル2階☎046-874-7261(日本語)http://www.himawaridental.com/?lang=ja(日本語サイト)ウォンブルゲート・アメリカン・デンティストリー 院長鈴木エリ「サバイバル イングリッシュ ~現場で役立つ英語でのコミュニケーション~」 ◆日時:12月4日(水)19:00~21:00 ◆会場:東京都千代田区三崎町2-15-2 JDNビル3F ◆参加費:2,000円 ◆問い合わせ:LDA運営事務局 03-3234-2475(日本歯科新聞社内)輝く女性に逢いに行くEllie Suzuki輝きの秘訣Nova Southeastern University College of Dental Medicineにて2年間の大学院修了後、バージニア州開業免許を取得し、さらにアメリカで最も難しいとされるフロリダ州の開業免許を取得したことが彼女の自信となっている。日米のライセンスで歯科医療を提供し、臨床や教育の翻訳者としても活躍する。まるで海外ドラマのワンシーンのように、外国人スタッフと患者に囲まれ、英語が飛び交う風景の中心に鈴木エリ先生はいる。彼女は単なるバイリンガルではない。日本とアメリカの歯科医師国家資格と、二つの州での開業資格を持ち、さらには自身が学んだ大学院で臨床教育にも携わっていたというキャリアの持ち主なのだ。そんな彼女が日本に戻り、居ぬきで縁があったという現在のビルに開業したのは2年前のこと。「米軍には本国の歯科専門医が大勢所属していますが、彼らは軍人を主に診療しており、その家族や基地で働いている人などは外で治療となります。要求レベルの高い患者さんを治療するのは緊張しますがやりがいがあります」控えめに語るが、アメリカの標準的な歯科治療が受けられる環境というのは、例え米軍の近くであってもそうあるものではない。渡米する前からエクスターンとしてアメリカの歯科医療を間近で観察し、半数以上が脱落する大学院で最後まで学びきった彼女だからこそ実現できたものなのだ。「実技を含む様々な試験を課し、卒業した翌日から稼げる歯科医師を輩出するアメリカの臨床教育はとてもユニークだと思います」類まれなるその経験を、日本の臨床教育現場にもぜひフィードバックして欲しいものである。鈴木エリ先生によるLDAミニセミナー

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です