Dentalism No.16
27/32

25も隣接しており、伝説のカクテル「ブラッディマリー」が味わえる。『セントレジス・ニューヨーク』のバーテンダーであったフェルナンド・プティオが1934年に完成させたものであり、現在では世界各国のセントレジスにオリジナルレシピが存在する。例えば、ニューヨークではスパイシーな味わいが特徴の「レッドスナッパー」、シンガポールではレモングラスや唐辛子などアジアの食材を取り入れた「チリ パディ マリー」。大阪では山葵や醤油、柚子といった日本独特の香りや味付けを加えた「ショーグンマリー」が楽しめるというわけだ。また、セント レジスの代名詞といえば、由緒あるアスター家のもてなしを引き継いだバトラーサービスだ。コンシェルジュでは迅速に対応しにくいゲスト一人ひとりに合わせたサービスを実践している。あえてエグゼクティブフロアを設けておらず、全てのゲストがバトラーサービスを受けることが可能だ。バトラーサービスを使いこなすことでセント レジスの伝統を感じられるかもしれない。セント レジス ホテル 大阪大阪府大阪市中央区本町3-6-12☎06-6258-3333http://www.stregisosaka.co.jp/A壁一面の大きな窓の外には日本庭園が広がる。Bグランドデラックスルーム。Cアメニティは各国セント レジス統一の「ルメードゥ」。D大阪オリジナルのブラッディマリー「ショーグンマリー」。Eバトラーが一人ひとりのリクエストに対応。F12室あるスイートルームはすべてコンセプトが異なる。G「ル ドール」では伝統的なビストロ料理を提供。A.D.E.F.G.B.C.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です