Dentalism No.16
17/32

DentalismNews &Topics15「あったらいいな保険」調査で男女とも歯科矯正が上位に。ど議論を繰り返しているが、適用までには至っていない。保険適用には、対応する歯科医院の質基準の制定、財源の確保など様々な問題があるのも事実。ただ、不正咬合と診断された子どもたちが治療を断念している現状をいつまでも放置しておくわけにはいかないだろう。総合保険コンサルティングサービスを行う『アイリックコーポレーション』が、「あったらいいなと思う保険」に関するアンケートを実施したところ、女性で2位、男性で4位に歯科矯正がランクインした。その理由としては、「治療費が高い」が圧倒的だった。このアンケート結果から分かるように、歯科矯正の需要は高いが、その金額がネックになっている人は非常に多い。子どもが学校の検診で歯並びや咬み合わせに異常があると指摘されても、費用の問題で治療できないという切実な声もある。海外に目を向けると、歯科先進国のスウェーデンでは保証体制が整っており、19歳までなら歯科矯正を含めた治療が無料。80歳での平均残存歯数が20本を超え、日本の13・9本はるかに上回っており(平成23年厚生労働省調べ)、予防歯科において小児矯正歯科治療の関連性、大切さが窺える。日本でも「欧米に比べて不正咬合の子どもの受診が遅れており、歯科矯正の保険適用が必要」と指摘する専門家は多い。厚生労働省でも口腔保険法の制定なあったらいいなと思う保険は?0306090120150■女性1位2位3位4位5位失業保険(クビ保険)歯科矯正保険不妊治療保険予防医療保険ダイエット失敗保険12511611294530306090120150■男性1位2位3位4位5位失業保険(クビ保険)交通違反補償保険予防医療保険歯科矯正保険ハゲ保険135101645747(保険クリニック調べ)池田沙代社長がモデルとしてイメージ訴求もしている。ケアは全て客自身でするため、医療行為にはならない。シンプルにまとめた店内。現役モデルがホワイトニング事業を開始。異業種の参入で歯科界の活性化なるか。歯のホワイトニング需要が高まる中、新たな専門店『ホワイトニングバー』が登場した。社長は現在もファッション誌などでモデルとして活躍している池田沙代氏。自身のホワイトニングの成功例をブログで掲載したところ、多くの問い合わせがきたことから開業を思い立ったという。「メイクをするように、オシャレをするように、ホワイトニングを気軽にしてほしい」と、自身が広告塔となりPR活動を行っている。スタッフの説明で誰でも出来るセルフホワイトニングのスタイルで料金は1回4980円。ケア内容は独自開発したソディウムバイカーボネイトを歯に塗り、LEDライトを15分照射するだけ。所要時間30分で白い歯に近づけられるという。8月31日にオープンした表参道原宿店を皮切りに、麻布十番店、柏店など年内に4店舗をオープン。2015年までには全国で200店舗を展開する予定だ。低コスト、省スペースでの営業が可能なため、別事業として歯科医院や審美歯科からフランチャイズ契約の打診も相次いでいるとのこと。高まる審美的欲求に応えるシステムや、顧客予備軍へのアプローチ方法など、学ぶべき点は多いようである。問い合わせ/株式会社ピベルダ 東京都港区赤坂3-11-15 KIKYOビル7F ☎03-5413-0170(人)(人)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です