Dentalism No15
9/32

7霞が関にも近い都心の一等地。赤坂ツインタワーの竣工と同時に同ビルに開業した『寺西歯科医院』は、今年開業30周年を迎え、寺西邦彦先生に教えを乞う歯科医師たちによって発足されたスタディーグループ「赤坂会」は昨年20周年の節目を迎えた。ビルの建て替えに伴い、新たな一歩を踏み出す準備を始めた寺西邦彦先生に、歯科業界の課題や展望について話を伺った。――30年前とはいえ、20代でこの場所に開業するというのは勇気のいる決断だったのでは?寺西 間口を大きくして若くて元気なうちにいろいろ挑戦して、年齢を重ねたら郊外に小さなオフィスを構えてダウンサイジングしていこうと思っていたのですが、なかなかその通りにはいかなかった。マネージメントが下手なんですよ。これまで家賃管理費だけでも4億円は払っているけれど、こんなことなら最初からビル買っておけばよかったかな(笑)ここも来春には取り壊しとなるので、年末までには退去して向かい側の新館に引っ越す予定です。チェアは1台しか増やしませんが、31坪から58坪になるのでスペースStar Dentist InterviewKunihikoTeranishiベストプランしか考えないのは研究の分野。臨床の現場では、患者が主役であるべき。取材・文/丹羽麻理 撮影/中島繁樹寺西 邦彦寺西歯科医院 院長 スタディーグループ赤坂会 顧問

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です