Dentalism No15
25/32

23と心地よい一体感に包まれている。また、ホテルの満足度を大きく左右するレストラン&バーは3つあり、そのいずれもが新鮮な空間デザインと抜群の眺望を誇り、様々な役割を果たしている。オーナーのこだわりによって、厳選食材が惜しみなく使われた料理は、最高のパフォーマンスとともに提供される。香港を拠点とするシャングリ・ラならではのアジアンホスピタリティも健在だ。グループ内で切磋琢磨する土壌があるため、元々サービスには定評があるが、厳しい審美眼を持つ「もてなしの国」日本においては、さらに高い水準が要求されるため、より一層の取り組みが行われてきた。昨年は既に取得していたISO22000に加え、新たにISO9001とISO14001の認証も取得。日本のホテルとしては初めてIMS(統合マネジメントシステム)の認証を取得したのだ。ホテル内に漂う、穏やかでゆったりとした空気や時間の流れは、技術に裏打ちされた安全で質の高いサービスを提供しているホテルマンたちの自信や余裕によって醸し出されているのかも知れない。シャングリ・ラ ホテル 東京東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館03-6739-7888http://www.shangri-la.com/jp/tokyo/shangrila/Aイタリア料理「ピャチェーレ」は、2フロア分の吹き抜けがとても開放的。世界のワイン400種を揃え、アメリカで最も著名なワイン専門誌で3年連続「ベスト オブ アワード オブ エクセレンス」に選ばれた。インテリアを手掛けたのはAFSOを率いる気鋭のデザイナー、アンドレ・フー。B身心の陰陽のバランスを整えるCHI「氣」スパは、シャングリ・ラ直営のオリジナルブランド。30種類のトリートメントが用意されておりビジター利用も可能。C個室や寿司カウンター、鉄板焼きコーナーまでを備える日本料理「なだ万」。Dオールディダイニング「ザ・ロビーラウンジ」。昼はアフタヌーンティーが、夜はカクテルタイムが満喫できる。E東京の空に浮いているかのような錯覚に陥るプール。フィットネスルームも隣接。Fレセプションフロアである28階のエレベータ前に出現する木蓮の森。蘇州でも選り抜きの職人が刺繍を施した繊細なアートワーク。G200室あるゲストルームはすべてが50㎡以上あり、都内でも最大級の広さを誇る。A.D.G.E.F.B.C.■特典情報フィットネスクラブ メンバー会員になると、ジム、プール、シャワールームとロッカーの利用が可能に。 スパトリートメントの割引や、ラウンジの利用チケットなど様々な特典もあり。詳しくは、03-6739-7888までお問合せ下さい。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です