Dentalism No14
22/32

201961年開業。半世紀余りの歴史を重ねてきたパレスホテルが、3年間の休館を経て『パレスホテル東京』として新しく生まれ変わったのは、昨年5月17日のこと。そしてこの春、最も気持ちのよい初めての季節を迎えている。丸の内1-1-1。東京駅からは徒歩圏内で、ビジネスや観光の拠点としても申し分なく、昨年末にはホテルの地下街と地下鉄大手町駅が直結。和田倉噴水公園と内堀通りに面する得がたい立地は新生パレスホテルにおいて、さらなる強みとして活かされており、和田倉噴水公園側の客室からは、美しい緑や煌めく夜景を望むことができる。天井高が6mのロビーラウンジやオールデイダイニングは、和田倉濠に面してテラス席が設けられており、水と緑に溢れた五感に響く美しい佇まいは、これこそが東京リゾートの新しいカタチであることを実感させてくれる。日本的なモチーフや配色が施された、品格ある建築デザインや客室は、日本人ゲストにとっては肌なじみが良く、外国人ゲストにとっては、いい意味で日本らしさが味わえる空間に仕上がっている。パレスホテル東京PALACE HOTEL TOKYOいつか訪れたい場所「最上質の日本」を追求した先にあるのは日本人が世界に誇る細心の「もてなし」。これからの季節、昼夜を問わず賑わいを見せるテラス席。豊かな水と緑こそがジャパニーズ・リゾートに欠かせない大きな価値なのだと気づかせてくれる。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です