Dentalism No.13
26/36

24秋田県仙北市にある角館町は、仙北平野の北部に位置し、三方を山に囲まれた、歴史ある武家屋敷と、桜並木が美しい城下町である。「火除(ひよけ)」と呼ばれる広場を中心に、北側は武家屋敷が建ち並ぶ「内町(うちまち)」、南側は町人や商人が住む「外町(とまち)」に区分され、秋田藩最大の城下町として芦名義勝によってつくられ400年余り経た今もなお、かつての町割りを残している。そんな角館の武家屋敷から車で約10分ほど離れた、緑豊かな山あいに2011年8月に誕生したのが『角館山荘 侘桜』である。築200年の茅葺き古民家を移築した母屋のロビー棟と、新築した2棟の宿泊棟で構成され、10室ある客室は、「和室」「和洋室」「ダイニング付き和洋室」の3タイプがあり、100%源泉掛け流しの半露天風呂が付帯している。母屋の古民家は岩手県の雫石町の小赤沢家の家屋を移築したもので、囲炉裏やソファが設置されたロビーラウンジはパブリックスペースとしても活用され、夜8時を過ぎると、秋田の地酒を提供する日本酒バーとなる。客室での滞在はもとより、従業角館山荘 侘桜Kakunodate Sanso Wabizakuraいつか訪れたい場所角館に誕生したわずか10室のリゾートが美しい日本の里山で極上のひと時を提供する。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です