Dentalism No.13
15/36

13昔の被せものとか気になってきたら、いつでも言ってね」とさりげなくPRしてくれたり(笑) あとは、この道30年の受付番長が、「T先生(僕)は、小さなお子さんがいらして、子どもの扱いも、とても慣れていらっしゃるから」と、子どもを僕に集中的にまわしてくれる。お母さんが親父の代の患者さんでも、そういうところで世代がスイッチされていくと、患者さんにとっても自然でいいなぁ、と感心させられます。 ヘアサロン勤務・美容師Hさん(以下・美容師H) 私は小さな頃に親が歯列矯正してくれ、歯は他人のものまで気になります。美容師という職業柄、一人の方に接客する時間も長く、「美」に対する意識の高いお客様が多いのですが、キレイな方は、まず間違いなく歯もキレイ。クリーニングや、ホワイトニングは、どこの(歯科医院の)、どの衛生士がいいとか、芸能人がブログですすめていたホームホワイトニングはイマイチだったとか、よくご存じで(笑)そういう人はヘアサロン以外にも、リンパマッサージやエステ、ネイル、まつ毛エクステといった美容メインテナンスもフル装備。これが特別セレブな人ばかりではなくて、普通のOLさんの中にも、そういう人がいるので驚きですが。――ヘアサロンで消費している金額を考えると、歯科医院で行うクリーニングなどは、頻度といい、価格帯といい、些細なものですね。 専業主婦Kさん(以下・主婦K)私なんてこの年で審美治療に入るから、大変な金額を覚悟してます。今の人は、若い頃から意識が高いから、年をとっても歯がボロボロになったり、入れ歯になったりしないんでしょうねぇ。私は母親が60代で亡くなったんですが、早いうちから総入れ歯だったので、それを思えば、自分はまだマシと言い聞かせるようにして、これまで治療を先送りしてきました。でも、先日、とうとう鎮痛剤がきかないほど奥歯が痛み、さすがに限界を感じ、主人がお世話になっている歯医者さんに行ったのですが、奥歯は根元が大変なことになっていて抜歯せざるを得ませんでした。でもこれを機会に、審美治療で全部キレイにすることにして期待に胸が膨らんでいます。「先生には、3桁(100万円)以上かかるようなら、ちょっと考えるから予め言ってね」と念を押しましたが、実際は、そのぐらいは覚悟の上です。今、口の中は、抜けた差し歯(犬歯)を放置していたら、歯が徐々に移動して変な隙間が出てきて、孫を相手に笑う時も、つい手で口元を覆ってしまうほど。娘からも「どんなにお洒落しても、その歯じゃダメ」と何度も言われて。でも、こうなる前には、もちろん歯科を受診したのですが、そこでの治療がトラウマとなって…。その歯科医院は、毎回、すごく時間がかかる上に、何の治療をしているのかもさっぱりわからず、治療もちっとも進みませんでした。説明を求めても、担当の女医さんはしどろもどろ。そのうち、その歯科は移転したようですが評判もが悪かった。でも、そのメインテナンス用の歯科では、衛生士専用の個室があって、担当も変わらない安心感もあるし、治療でバタついている診療コーナーと空間が分かれているので静かだしリラックスできます。何だかエステ感覚ですが、それはそれで気に入っています。 若手歯科医師Tさん(以下・歯科医T) 大先生と若先生というくだり気になります(笑) 僕は勤務医を経て親父がやっている歯科医院に入ったのですが、親父のスタッフと患者さんに囲まれて、しばらくは居心地悪かったです。勤務医時代は、いわゆる都会の一線で活躍する先生のところにお世話になっていたので、設備も最新だし、審美の意識の高い患者さんも多かったし自費率も高かった。でも、実家の医院がある地方では、やはり保険の患者さんが圧倒的に多い。設備投資はしていますが優先順位もあるので、劇的には変えられないですしね。親父も気を遣ってくれているのか、患者さんによっては「東京から戻った若い(先生)のが、審美治療もキチッとやっているから、の年齢なのに歯科衛生士が若い娘ばかりだと、院長の趣味なのか、雰囲気が良くないのか、待遇が悪いのか、といろいろと疑ってしまう(笑)若い先生の医院なら、先生の経験や力量以上の歯科衛生士が勤まらないのは納得できますけどね。でも、進歩がなくて頭の固い中年先生のところで冷遇されるより、予防の意識の高い若い先生のところでサポートする方が、よっぽど気分がいいんじゃないかと思えるようになってきました(笑) 働く母・管理職Sさん(以下・働く母S) 私はメインテナンス用と治療用の歯科医院を使い分けています。本当は治療に通っている歯科医院でメインテナンスもできればいいのですが、そこは、いつも混んでいるので申し訳なくて。大先生と、若先生がいるのですが、大先生は治療も完璧で新しい技術もどんどん取り入れている。保険外の材料についても、そっちでお願いしよう、と思える説得力がある。一度浮気してメインテナンス用の歯科で治療した際に「あ、良くなった」という実感が乏しかったのと、材料が高いと何がどう違うのかという説明が曖昧で後味

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です