Dentalism No.11
3/36

1自由に変えることによって、さらに自分にあった枕として使うことができるのだ。鉄道車両や介護分野でも活躍している東洋紡の「プレスエアーシート」を採用しているのも特徴の一つだ。このシートは通気性と耐圧分散性に優れ、枕内の湿気を外部に素早く放出し、心地よい眠りの環境を整えてくれる。また、枕カバーには、スポーツ衣料の世界で採用されている吸汗速乾性に優れた高機能ニット素材「ドライアイス」が使われている。汗を素早く吸い、繊維の持つ熱伝導性により頭部の熱を逃すため、心地よい使用感が続くのだ。百貨店や寝具店の枕コーナーには様々なタイプの枕が並び、高さや、柔らかさ、詰め物の種類や構造など、豊富な種類の中から、試して購入できるようになっているが、自分にぴったりの枕を探し求める枕ジプシーは後を絶たない。それだけ枕選びは難しいのだ。枕は寝姿勢に影響を与え、寝姿勢は睡眠の質を左右する。睡眠の質は体調にも影響を及ぼすため、誰もが自分にぴったりの枕を探し求め続けているのだ。そんな中、咬合療法の理論から生まれた形状特許の枕「筒井式枕」が登場したので紹介しよう。通常、横向き寝をすると枕が頬を押え、顎関節が圧迫され顎関節症を起こしたり、歯並びをくずす可能性があると言われるが、この枕は、横向き寝をしても頬に枕があたらないT字型の口腔保護枕となっている。中身は、キルティングソフトシートやタオルシート、プレスエアーシートなど、特徴あるシートで構成されており、ソフトな感覚を維持しつつも、頭の沈み込みを極力抑え、体型的な違いなどにも対応できるよう3種類が用意されている。かつ、中身の組み合わせを感性を刺激するデザインDentalism Catch Up女性用男性用(軟らかいタイプ)外カバー ドライアイスRニット枕カバータオルシート高さ調整シート付(2枚)ブレスエアーRシートキルティングソフトシート男性用(硬いタイプ)横向き寝でも口腔を保護する歯科医療の現場から生まれた枕「筒井式枕」のご購入については、CiメディカルカタログNo.120の裏表紙の裏面をご確認ください。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です