Dentalism No.9
29/36

27には、おしきせの非日常や過剰な気遣いはない。テレビもなく、市街へのアクセスも決して便利とは言えないが、だからこそ、ここで過ごす時間が濃密なものとなり、得がたいひと時となる。食事は泊食分離を採用しているにもにもかかわらず、多くの来訪者がダイニングへと向かうのは、ここから離れ難くなってしまうからなのだ。二十五室ある戸建ての客室は、全てがリバービューとなっており、移ろう季節が大きな窓から切り取られる。陰影が色濃く移ろいだす夜の幽玄は、百人一首や源氏物語にも謳われた平安の詩情そのままなのではないだろうか。蝉しぐれが渓谷を覆う深緑の夏は、桜の春、紅葉の秋とは一味ちがう日本の原風景を感じさせてくれることだろう。星のや京都京都市西京区嵐山元録山町11-2 TEL(075)871-0001 http://kyoto.hoshinoya.com/『星のや京都』では、「お茶屋遊び」や「朝のおつとめ」「座禅会」「聞香入門」など、京都で育まれた文化と出会える体験型プログラム「京あそび」を多数揃えている。2009年の『Newsweek』で「世界が尊敬する日本人100人」の一人として選ばれた、久保田一郎氏を料理長に迎え、料理コンセプトも「もうひとつの日本」に一新。伝統的日本料理に新しい試みを加えた会席料理が、新たにダイニングで味わえるようになった。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です