Dentalism No.8
14/32

――歯科の新規開業の現場はどうなっているのでしょうか。渡辺 最近の先生の中には、勤務医として勤め続けるわけにもいかないから仕方なく開業を考えるという人もいて、不安を抱えている人が多い。臨床経験も乏しく自信も持てないんでしょうね。康本 僕が開業したのは20代だったけど、今は何歳ぐらいでの開業が多いんだろう。規模とかは?渡辺 最近は40歳前後です。10年前は35歳が開業のピークでしたが、この10年で40歳に。歯科医師が過剰で開業する場所がなかなか見つからない上、自己資金も貯まらず金融機関からの融資も受けにくい。迷っているうちに年齢だけ重ねてしまうというパターン。 規模もコンパクトになりがちです。でも売上を計画的に上げていくには、最低でもユニットは4〜5台、ある程度の規模が必要なんですけどね。ユニット2台で保険で1日10人診て週2日休むと売上は20万円いくかどうか。そうやって事業計画を立ててみて、初めて食べていけないことに気づく先生もいるほどです。康本 僕が勤務医の頃は1日に40〜50人診てたし、研修先の院長先生にも随分いろんな経験させてもらったけど今は厳しいよね。渡辺 これだけ不景気になると、渡辺慶明 康本征史新規開業を中心に歯科医師を粘り強くサポートし続ける渡辺氏と、自院の運営のみならず歯科業界への提言を惜しまない康本氏に2011年の歯科界を占うとともに、未来への思いを伺ってみた。株式会社インサイト代表取締役Prole わたなべよしあき/1958年福岡県出身。1981年慶応義塾大学法学部卒。全日空商事㈱、㈱アキラックスを経て1998年㈱インサイトを設立し、代表取締役に就任、現在に至る。開業コンサルティングから物件紹介まで、歯科業界のあらゆるコンサルティングを行っている。康本歯科クリニック・院長Prole やすもとまさふみ/1965年千葉県出身。1991年東北大学歯学部卒。3年間の勤務医を経て1994年千葉県柏市に康本歯科クリニック開業。2000年予防歯科センター柏を開設、2010年柏インプラントセンター開設。㈱ディーアソシエイツ代表。康本塾主宰。デンタリズム対談 2011年の歯科業界を占う!12

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です