Dentalism No.7
33/36

となっており、室内とテラスに寝心地のよいベッドが備え付けられている。朝は小鳥のさえずりと波の音で目覚め、食事は島内のどこででも手配が可能だ。 レストランは、メインダイニングの「クラブハウス」と、軽食が楽しめる「ビーチクラブ」があり、ご当地料理をはじめ、ウェスタンスタイルの洋食やアジアンテイストに至るまで、実に様々な料理が味わえる。 アイランドリゾートの場合、市場や店がないため、しばしば食材の調達が問題となることがあるが、アマンプロの場合は、毎日新鮮な食材をマニラから空輸して、ゲストのリクエストに応えているので、そんな心配は全く無用だ。世界中のアマンリゾートの中でも屈指の人気を誇り、十二月から五月ごろのベストシーズンともなると予約もままならないが、それはリピーターの多さゆえのこと。美しいビーチを持つリゾートであれば、世界中の至るところに存在するが、アマンプロを訪れたゲストは、再びアマンプロを目指してしまうのだ。アマンプロでは「Aman of Aman」とも言うべきホスピタリティの真髄が味わえるからだろう。アマンプロ協力/マゼランリゾーツフリーダイヤル70120-248-580http://www.magellanresorts.co.jp/1.マリンアクティビティに必要な道具は全て貸し出してくれる。ボートチャーターやウォータースポーツのレッスンも行っている。2.島の中央に位置している「クラブハウス」は、メインプールやレストラン、バー、ブティックなどの共有スペースとなっている。3.プールサイドで食事をとることも可能。4.ライブラリーには新聞、雑誌、ガイドブック、小説などがあるほか、天体望遠鏡も無料で貸し出している。5.ビーチフロントのシンボル的なレストラン「ビーチクラブ」。オープンエアで開放的な空間が広がっている。2345131

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です