Dentalism No.6
13/36

ノラマCCD合体型の2種類に集約されるだろうが、専用機では撮影サイズの大型化が見られる一方、パノラマ合体型では最小限の撮影サイズで被爆線量の低減化を進めている。 日本の歯科医院では、パノラマ合体型が重宝され、販売台数を伸ばして行くと考えられる。実際、日本国内での導入率は、一昨年と比較して3倍近くなっているとも聞く。 しかし、導入意欲のある医院には、ある程度行き渡った感もあり、今後は伸び率の鈍化が予想される。メーカー各社の値引き合戦により、もっと低価格化が進むことを期待したい。CAD/CAMデータは今後、共有化が加速する? CAD/CAMは、世界的に工業界からの技術転用が、どんどん進んでいるように見えた。たくさんの企業が、CAMマシーン(削り出す方)を歯科界に送り込んでいる。各社のCADでスキャンしたデータは固有のものだが、データ共用できる高性能のスキャナーが組み合わせられ、CAMメーカーでは、各CADメーカーのデータに対応してきている。  これからは、CTのDICOMデータなどと同様、歯科技工界にも共通データの話題が出てくると思われる。どのメーカーのCADで読み取っても、どのCAMマシーンでも削り出すことが可能になる時代は、もう、すぐそこまで来ていると行っても過言ではない。 ファイバーポストも世界的な潮流だが、日本では光透過性を話題にしているが、世界では、製品のテーパー角度に発展してきている。確かに、切削ファイルはマルチテーパーなどのニッケルチタ製エンジンファイルを薦めてきているのだから当たり前といえば当たり前の結果だ。 日本では、どこのメーカーが最初に発売してくるのか楽しみである。無影灯やタービンなど品目増やすLEDライト 日本ではキング工業が、無影灯のLED化にいち早く着手し完成させたが、海外でも昨年のIDSあたりから動きは出ており、今回は、プラメンカ社のユニットで無影灯が、LED化されていた。11ナカニシ「バリオサージ」。日本ではなかなか薬事が降りないようですね・・。「みんな待ってますよー。」ナカニシさん!「エンドメイトTC2」 こちらも日本未発売。こちらはそろそろでしょうか・・・?W&H社のコードレスエンド用Mモーター。ナカニシより販売価格を安く出来るかが日本で売れるかのポイントです。新型のインプラト用モーター「エルコメッド」。OEM供給先のインプラントメーカーにも順次変更か?こちらも発売が待たれる「バリオス970」2つの注水ボトルに液晶画面の操作パネル。「プロフィーメイトNEO」 マイナーチェンジ的変化。細部に手直しをしています。これも日本未発売。白水貿易扱いのソプロ社からも「PSPiX」が発売されました。日本未発売。白水さんお願いします。韓国の大手レントゲン専門メーカー「Vatech」。JMMのプレビスタでお馴染みですね。韓国企業は世界を見てます!VDW社の根長付エンド用マイクロモター「GOLD」。最新ファイル「M Two」を装着するのが最新です。ジッペラーの製造元であるVDW社。ファイルの原針は世界各国に輸出されるエンドに特化した企業。「ビスタスキャンぺリオ」と比較すると小ささがわかります。スキャンの性能はデュール社が一番かも・・・。JMM「プレビスタ」の最新タイプ「Pax-Duo3D」。ボクセルサイズ0.08mm、撮影サイズ最大12×8.5cmシロナ社でも使用を推奨?VDW社の「M Two」のシステム専用に作られたエンド用Mモーター。モリタ扱いの「ディゴラオプティメ」の最新版。14bitで14・3lp/mmの性能。スキャンしながら紫外線で殺菌。ヨシダ扱いの「ビスタスキャン」に「ミニ」が登場。とってもコンパクト。16bitで20lp/mmの性能。Vatech社の歯科用最新CT「Pax-Zenith3D」。座位タイプで最大撮影サイズは24×19cmの大型FP。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です